<2017年度> >>>過去年度一覧

<2017年11月16日>

野点

 紅葉の季節、幼稚園に於いて「野点」が行われました。緊張からかおぼつかないお手前で5・6年生をもてなしている園児がとても初々しかったです。また、そのおもてなしを受けている初等学校の児童がとてもまぶしかったです。幼初連携となるプログラムの中に子どもの確実な育ちが見え嬉しく思いました。

 

<2017年11月13日>
脱穀

 先日、全学年で脱穀を行いました。「足踏み脱穀機班」「ふるい班」「箕や唐箕班」「もみすり精米班」の4つに分かれ活動しました。日ごろ、何気なく食しているお米ですが食べるまでに実はとても手間のかかる作業ということが改めて理解できました。今後ともこの経験を基にお米を一粒一粒感謝して頂きたいです。

 

 

 

 

 

<2017年11月8日>
秋の深まり

 校庭のイチョウの木もついに色付き、秋が増しています。落ち葉を集めブーケのようにしている子どもも見られました。学校にお越しの際はぜひご覧ください。

<2017年11月7日>
ほだ木

 本日、群馬県の桐生市から一般財団法人 日本キノコ研究所の中束さん、日本産・原木乾しいたけをすすめる会の清末さんをお招きし、ほだ木にシイタケがつくまでの流れや珍しいキノコの仲間についてお話し頂きました。サルノコシカケ(猿休み)と言われるキノコや冬虫夏草と言われる虫に寄生するキノコなどとても興味深いお話に子ども達は興味津々、質問も尽きることがありませんでした。また、ほだ木には設置してから3日間、3~4時間水を上げるなどの栽培法も学びました。ほだ木の成長を子どもと共に見守っていきたいと思います。中束さん、清末さん遠方よりお越し頂きありがとうございました。

<2017年11月1 日>
希望「みのりと文化」

 本日、希望「みのりと文化」で地元の陶芸家でもあり、昔遊びや文化にも造詣が深い櫻井さんをお招きし、昔の遊びや生活、また地球温暖化に関するお話まで多岐にわたりお話して頂きました。紙芝居形式と以前お伝えしましたが、櫻井さんは床を絵で敷き詰め、子どもが興味を持った絵についてお話されるというユニークな形式で子ども達も櫻井さんのお話に引き込まれていました。地域の方に支えられていることを改めて感じました。櫻井さん、貴重なお話ありがとうございました。

<2017年10月31 日>
最盛期

校庭にある柿の木の実が最盛期を迎えています。休み時間に頬張る子どもの姿も見られます。

秋の深まりを感じます。

 

<2017年10月30 日>
希望「みのりと文化」

 本日、希望「みのりと文化」では外国語の先生や外国に携わっていた先生、外国籍である園児の保護者をお招きし、世界の昔話について話して頂きました。エジプト、イタリア、ケニア、アメリカ、イギリス、パラオ、計6か国の昔話を子ども達は学びました。子ども達にとって非常に有意義な時となりました。お越し下さった先生方、保護者の方、時間を割いて下さり感謝です。ありがとうございました。


<2017年10月21 日>
プレイデイ

 先日は、束の間の晴れ間の際に保護者の方の協力も得て無事、プレイデイを行うことができました。今年は例年にも増して上級生の下級生への気遣い、下級生の準備の熱心さがよく表れているプレイデイだったと思います。保護者の方々、度々の順延にも関わらず、ご協力、熱いご声援ありがとうございました。

 

<2017年9月15 日>
自由研究発表会

 先日、行われた自由研究発表会。今年は児童数が増え時間も限られてくる為、どのような形式にするか、教員間で熟慮を重ねました。その結果、子ども達や保護者の皆さまに発達段階ごとの成長を見て頂きたいという考えから2会場制かつグループごとの発表という形式を取ることとなりました。また、2会場制ということで他会場の発表を見ることの出来なかった方にも全ての発表を見て頂くべく発表会後にワールドカフェ形式を取り発表者と保護者の交流の時を持ちました。初めての試みということもあり心配でしたが、保護者の皆さまのご尽力もあり、大きな混乱もなく終えることができました。

 生活の中から生まれた素朴な疑問を扱うことが子ども達の「知りたい・調べたい」というモチベーションにつながり、その結果、実りある研究につながることを改めて実感しました。

 発表会後には保護者の皆さまにもアンケートを通して多くの貴重なご意見を頂きました。今後の発表会に活かして参ります。ご協力ありがとうございました。

 

<2017年7月5 日>
絵画贈呈

 神奈川県野生生物保護モデル校として、環境教育の評価を受け子ども達に山や鳥の魅力を伝える絵画の贈呈を日本野鳥の会神奈川支部より受けました。
 なお、贈呈された絵画は、多目的ホールに飾ってあります。ぜひ、ご来校の際は、ごらんください。

  

 

<2017年6月27 日>
水泳学習

 先日、伊勢原スイミングクラブにて「水難事故や溺れることを未然に防ぐ信念、態度、価値観、行動を養うこと」を目標に2日間、水泳学習を行いました。子どもたちは、それぞれの泳力に見合ったクラスで生き生きと、自身が溺れた際の対処法、隣人が溺れた際の対処法などを学びました。海や川に行楽に出向くことも多くなるこの季節、ぜひ水泳学習で学んだことを生かして頂きたいです。

 

<2017年5月26日>
避難訓練

5月22日、避難訓練を行いました。新年度初めての避難訓練でしたが、子どもたちは「お・か・し・も」の約束を守り、迅速に校庭まで避難しました。その結果、3分で全学年の子どもたちが避難することができました。校長先生の総括の後、玉川分署の消防士の方がホースを使い散水のデモンストレーションを見せて下さいました。その後、4~6年生は散水を体験することができました。消防士の親切で優しい説明に子ども達は真剣な表情で聞き入っていました。

 いつ起こるかわからない災害だからこそ、訓練の重要性を改めて感じた1日でした。

 

 

<2017年5月23日>
七沢幼稚園からの贈り物

18日の昼休みに希望の丘に思わぬ来校者が現れました。小さい手に沢山の玉ねぎを抱えて、、。そうです、七沢幼稚園の園児が収穫した玉ねぎを希望の丘初等学校まで届けに来てくれたのです。玉ねぎだけでなく道中に摘んだお花も頂きました。園児の純真な姿に思わず笑みがこぼれました。頂いた玉ねぎは今後給食などで活用したいと考えています。お楽しみに。

 

<2017年4月28日>
エコスクールプログラム・グリーンフラッグ取得

   

 前年度、上級生の有志が中心となり進めていたグリーンフラッグ活動ですが、ついに上級生の活躍が認められ、グリーンフラッグ(国際環境教育プログラム)を取得することができました。なんと、グリーンフラッグを所有している学校は全国で14校しかないとのこと。厚木市では6校(1校は保育園。)あるそうです。今後も厚木という恵まれた環境の中で自然に根ざした学習を進めていきたいと考えています。

エコスクールプログラムについては下記のホームページをご覧ください。
FEE Japan : http://www.feejapan.org/eco-schools/

 

 

■□平成29年度以降の入学や編入学を希望される方へ□■

本校では、本校への入学・編入学をお考えの
園児・児童とその保護者の方の見学を随時受け付けております。
見学をご希望の方は、「届け出(願)書式」ページにございます「見学申込書」に
必要事項を記入の上、本校にFAXまたはメールにて送付して頂くか、
本校(TEL 046(270)6123)まで、お気軽にご連絡ください。