学校法人内田学園 七沢希望の丘初等学校の教育

 

平成30年度七沢希望の丘の学校づくりへ向けて

学校長/小島富司   

 

 七沢希望の丘初等学校は、平成21年(2009年)の春に開校しましたので、現在9年目のまだ若い小学校です。この初等学校の設立にあたり、「小学校設置の趣意書」の中で、当時の理事長(兼)七沢幼稚園長の内田文江は、次のように述べています。 

子どもたちの前にたち

「~前略~昭和55年に厚木市内/東丹沢の豊かな自然の中に、オープンスペースを生かした園舎で保育実践を重ねてきました。そして、三歳から五歳児の縦割りの」クラス編成を行い、年長児が自らテーマ活動を進める道筋の手助けなど、幼児期に必要な豊かな人間形成のための保育活動を実践・蓄積してまいりました。」~中略~「教育は人が人を育てる業です。人間は一人ひとり精神的にも肉体的にも違いがあります。その違いを認めた上で行う幼児期の教育は、将来変化していく社会において、『生き生きと自ら生きる力』を育てることになります。私たちは、幼小連携の教育の場を持つことを願い、志を共にする人々と協力して小学校を設置することを決意しました。」と。
 そして続けて、とても重要なことは、大山・東丹沢の里山の自然環境を生かした教育空間と小高い丘の上に立つ小さな環境世界における自立型の校舎建築であることを設計施工上からも特徴付けている点です。さらには、校舎そのものを小さな里山の敷地に立つ一つの環境的世界として完結できるように捉え、「四つの思想」として位置づけていることです。
 その一つ目として、子どもたちが生活する校舎は、里山の小高い丘の上に立つ小さな環境世界で自立する環境建築であること。それは、地場産の木材を活用した木造校舎として、教室内は大中小の丸太材による木質空間が創られ、子どもたちによる活動単位に応じる居場所を作り出している工夫です。また、里山の自然と共存する建築の在り方として、自然を建築が押さえるのではなく、木々を尊重した結果、小高い丘の地形に逆らうことなく、建物の形態が左右に4回程振れて形づくられていること。さらに加えて、里山の地形を尊重し、丘の頂部に建物を配置した関係で、正門からのアプローチ正面となる半地下に多目的ホールを置き、1階から2階は教育活動の多様性を考慮して、3学年分の西教室と2学年分の東教室、1学年分の2階教室とし、建物中央部に図書コーナー、特別教室、を配置している建物構造となっています。特に、各教室の外部空間は教育活動の場となるよう、深い庇の広いテラス(ウッドデッキ)教室外側に巡らし、正に「森の中に浮かぶ教室」を演出しています。自然環境の中に溶け込んだ教育環境づくりが成された校舎建築であり、本校の教育理念/教育目標の具現化を目指す上では重要な環境条件の一つとなっています。
 さらに加えて、各教室は人工照明に頼らない、自然採光を主とした教育ができるように、明るい場とほの暗い場場など、濃淡のある光の空間を創り出しているということ。つまり、校舎の南面には構造上必要な耐力壁を耐力格子状に組むことで教室内に柔らかい光を取り入れ、自然の変化を感じ取れる空間とした教育環境づくりです。柔らかな自然光を尊重し、自然な明るさや暗さに対して子どもたちの感性が磨かれることを期待し、「光テーブル」や「スライド」、「影絵」などの教材活用も可能な教室環境となっています。ここには、「自然の力で勉強する」という本校の教育理念のベースとなる、思想の一つであると思います。

おみこし作りの一コマから

 そして、二つ目としては、現学園長内田文江の教育観の根幹となる「自然、里山から学ぶ教育」としての位置づけであります。七沢/日向の里山の自然と共生し、自然から学び、芸術性にまで高めるという教育方針に沿い、自然環境を校舎全体で感じ取れる空間を創り出し、本校ならではの教育環境づくりの特色がここにあります。つまり、この豊かな自然環境から学ぶ「テーマ学習」で育む創造性と、子ども同士で学年の枠を超えて共に学び合う共同性とを育むと言う、新しい教育方式による教育の形を目指していることになります。
 また、子どもたちの共同性や連帯性を育む教育環境づくりの特徴は、校舎全体を「みんなの大きな一つの家」となることを目指している点にあります。建物を被う屋根が、西側の低い空間から次第に高くなり、中央部では2階も包み込んで東の吹き抜け教室まで一体化する大きな家を形作ったスケール感があります。そして、オープンスペースな一室空間の各教室は、太い丸太の列柱による基本構造ユニットの連続によりひだの多い空間が生み出されています。本校の理想とする教育を求めて、様々な教育活動が展開され創造性ある教育実践が繰り返されていくためにも、大中小のゆとりある空間が生み出され、多様な展開が可能となっています。
 三つ目としては、子どもたちの好奇心をかき立てる環境づくりが校舎の随所に生かされていることである。それは、子どもたちの教育環境としての天井の高い教室内の空間づくりの中に、大中小の丸太を多用している点にあり、そこから子どもたちの好奇心を刺激するであろう環境づくりとなっています。既に前述しました、各教室の外部空間にある深い庇の広いテラス(通称/ウッドデッキ)は、日々の教育活動の場として絶好の教室ともなり、正に「森の中に浮かぶ教室」を楽しんでおります。
 最後に四つ目としては、木造の新しい構造からの観点として、丸太柱を主軸として外側の柱で下に引っ張る、「天秤梁架構」等による建築構造と言われる木組みから、低学年棟も高学年棟も天井高い大空間の中で学び続けることは、ここにも本校の教育観である「自然、里山から学ぶ教育」に必ずや繋がるものと思います。以上、平成30年度の七沢希望の丘初等学校の学校づくりにあたり、先ずは設置の趣意書にある「本校の教育観」に立ち戻り、これからの学校運営に携わる所存ですので、ご支援ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

教育理念
  生きる喜びを抱き、自らを学び拓く
  
 七沢希望の丘初等学校は、豊かな自然や歴史のある七沢の恵まれた地域環境と教育環境の中で、
   子どもたち一人ひとりがこの「生きる喜び」を実感できる教育活動を実践します。
   そして、その ことによって子どもたちが常に新たな希望を持ち自らの学びを拓いていくことを目指します。

学校教育目標

めざす児童の姿
 自立から自律へ     基本的な生活態度を身に着けた上で、様々な学習・生活課題を解決し、
                 自らの道を切り拓いていくことができる子ども

 希望に向かって進む  こうしたいという願いを実現しょうと自ら考え、判断し行動できる夢や希望への
                 歩みを進める子ども

 共に生きる        多様な存在や価値観を尊重し、共に生きていこうとする子ども

めざす教師の姿   
   私たちは、この目的の実現のために、教師一人ひとりが「子どもの存在を最優先させる」ことを
   常に念頭に置きながら、子どもの心に響く、夢と感動とロマンあふれる『子どもと教師で創る授業』と
   『創造する学校づくり』の実践に努めます。

学校教育目標    

  • テーマ学習「希望」と「くらし」を基に、生きる力を育む。
  • 豊かな自然の恵まれた環境で、一人ひとりが生きる喜びを実感できる。
  • 縦割りのグループによる協働の学びを通し気付く力を育む。

教育活動の基本方針    
   ①ノングレード(学年の枠を超えたグループ制)を主とする自治の学校生活、学習の場を通して、
    自立と協調の精神を養い、実社会で「生きていく力」の基礎を培います。
   ②一人ひとりの子どもの成長・発達を柱にして、生活に関わるテーマ「生活課題」学習を通した、
    考える・知る喜びを体験し、人生に必要な知識を自ら習得し、さらに再構成していく知的生産活動の
    能力を培います。
   ③豊かな自然や歴史、文化などの地域の教育的環境を生かし、体験的・創作的活動を学習に取り入れ、
    直感的・感覚的思考や論理的思考を培います。
   ④さらに、芸術的活動にも重点を置き、本物にふれる機会と場を充実させながら感性を磨くとともに、
    自分を表現する力や創造する力を育みます。
   ⑤幼稚園との連携を密に図り、積極的に異学年の子どもと交流を深めて、
    1学年時から上級生としての自覚と他者に働きかける態度を養います。
   ⑥地域の歴史や文化、生活習慣などを大切にするとともに、広く人々との共生を図り、
    集団や社会に貢献する能力や態度を養います。
   ⑦子どものありのままの姿を受け入れながら、自らを大切に思うと同時に、他者の存在を尊重できる
    態度を養います。

学び 体験の舎

平成21年度神奈川県建築コンクール最優秀賞受賞
平成22年リーフ賞持続可能な開発部門受賞

学び・体験の舎、七沢希望の丘初等学校は、東丹沢の麓、豊かな里山の小高い丘の上にあります。
目の前には東丹沢の山並みが広がり、四季の移り変わりを感じながら、温かなぬくもりのある木造の校舎で、集い、学びます。
学び・体験の舎は、仕切りがなく、オープンスペースを活用して多様な活動を行います。
神奈川県産材を使用しています。

随時校舎の見学を受け付けております。校舎見学を希望される場合は、見学希望書をお送りください。
詳しくは、届け出(願)書式をご覧ください。




校庭
夕方の校舎

図書室
多目的ホール

 

尚、本校の校舎や教育理念は、
UIA2011東京大会・第24回世界建築会議にて、以下のように紹介されました。

 UIA2011東京大会・七沢希望の丘初等学校

 

学校法人 内田学園 七沢希望の丘初等学校へのアクセス

●住所
〒243-0121
神奈川県厚木市七沢433-1   電話046-270-6123

●交通
<電車・バス> 小田急線 愛甲石田駅下車
神奈川中央交通バス3番愛11系統 七沢病院行約20分
日向川バス停下車 徒歩約10分
(本厚木駅、伊勢原駅からもバスは出ています)

<車>国道246号線森の里入り口から七沢方面へ約15分